中国と日本の違いについて

日本では、昔と比べるとずいぶん海外のいろんな国の料理の専門店ができていますよね。
東南アジアや、ヨーロッパの国々などの料理店です。
そんな中でも、昔からあるのが中華料理店ですね。
日本人にとって、距離的にも近いし接点が多いから身近に感じるからなのかもしれません。
私の地元あたりだけなのでしょうか、最近前よりも中華料理店が多くなっている気がします。
それに以前と比べて、お店の内装もおしゃれで、きれいだし、メニューも若い人向けになっているお店が多くなり、価格もリーズナブルで、とても入りやすくなったなぁと感じます。
ときどきテレビなどで取り上げられますが、日本でいわゆる中華料理、つまり中国の定番料理とされているメニューが、実は日本の中華料理店だけのメニューだったりするようですね。
台湾ラーメンが、台湾ではなく名古屋が発祥の地というのと似ているでしょうか?
私は中国で生活してみて初めて知りました。
例えば、餃子ですが、日本で餃子と言えば焼き餃子が一般的ですが、中国で餃子と言えば水餃子のことを言います。
焼き餃子を売っているのを、私は中国でまだ見たことがありません。
中国の水餃子はいろんな種類があって、あっさりしていて私は大好きです。
ついついたくさん食べてしまいます。
またラーメンも中国の麺は、日本のような黄色いチリチリとした麺ではありません。
白くてまっすぐな麺が一般的です。
むしろ中国のスーパーで、日本のラーメンとして黄色いチリチリした麺が売られているくらいです。
なんだかおかしいですね。
スープの味も全く違います。
時々無性に日本のラーメンが食べたくなります。
日本のラーメンは比較的さっぱりしていておいしいですね。
濃い味好きの人は、中国の麺が良いと思います。
あと、天津飯や中華飯といったものも見たことがありません。
天津飯と言えば、天津甘栗も、中国人に聞いても全く意味が分からないといったリアクションをされました。
別に天津で栗がたくさん取れるとか、天津の甘栗が有名とかそういうことはないみたいです。
逆に輸入品を扱ったお店で、日本のメーカーの甘栗が売られているくらいです。
皮を剥いてパッケージされているものは、中国ではあまりないですからね。
麻婆豆腐とかも、中国ではあまりメニューにないですし、杏仁豆腐も有名ですが、あまり見ません。
日本人の口に合う味を追求していった結果、こうした現象が起きるのでしょうか?
私が中国語を習い始めたころに教科書に出てきた単語の中に、麻婆豆腐がありましたが、残念ながらあまり使う機会がありません。

ピックアップ